Subversion を SWIG サポートつきでインストールする

2006/12/24 12:29pm

SWIG によるスクリプト言語サポートつきで Subversion をインストールしたときのメモ。

必要なファイルは以下の通り。

まずは SWIG をインストールする。Ruby はシステム標準のものとは別に 1.8.5-p2 をインストールしていたので、configure でパスを指定してある。

% curl --location -O http://prdownloads.sourceforge.net/swig/swig-1.3.31.tar.gz
% tar xvzf swig-1.3.31.tar.gz
% cd swig-1.3.31
% ./configure --with-ruby=/usr/local/bin/ruby
% make
% sudo make install

Subversion は subversion-1.4.2.tar.bz2subversion-deps-1.4.2.tar.bz2 解凍すると、どちらも subversion-1.4.2 というディレクトリに展開されるので便利だ。

% curl -O http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.2.tar.bz2
% curl -O http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.4.2.tar.bz2
% tar xvjf subversion-1.4.2.tar.bz2
% tar xvjf subversion-deps-1.4.2.tar.bz2

configure で、SWIG バインディングを有効にする言語と SWIG のパスを指定する。--enable-swig-bindings には perlpython のように個別指定も可能。

また、Subversion で BerkeleyDB を使う場合は、別にオプションが必要かもしれない。今回に限って言えば、BerkeleyDB は必要ないので指定していない。

% cd subversion-1.4.2
% ./configure --enable-swig-bindings=all --with-swig=/usr/local/bin/swig
% make
% sudo make install

次に、バインディングをインストール

% make swig-rb
% sudo make install-swig-rb
% make check-swig-rb

BerkeleyDB 周りでエラーが出てるが無視(BerkeleyDB サポートは入れてないので)。 pl, py も同様に。

% make swig-pl
% sudo make install-swig-pl
% make check-swig-pl
% make swig-py
% sudo make install-swig-py
% make check-swig-py