グレッグ・イーガン「万物理論」

2007/07/31 10:55am

個人的には「順列都市」がグレッグ・イーガンの最高傑作なのだが、SF に馴染みの薄い友人に薦めるとしたら「万物理論」を選ぶ。

邦題にもなっている万物理論(原題は DISTRESS)だが、物語の主眼はそこにはない。これはジャーナリズムの話だ。もちろん、これは表層的、一面的な捉え方だろう。もしかすると、作品のテーマを取り違えているかもしれない。しかし、そうした捉え方も許容する懐の深さが、この長編をイーガンの他長編より際立たせている。

気宇壮大な SF と社会的テーマが見事に融合した傑作。

万物理論 (創元SF文庫)