道尾秀介「背の眼」

2008/12/14 8:29am

向日葵の咲かない夏」が期待以上に楽しめた(精神的なダメージも大きかったが…)ので、道尾秀介の他作品も読んでみることにした。もちろん、今後は期待値ハードルが上がっている。

選んだのは、これも文庫化されていた「背の眼」。著者のデビュー作だ。第五回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しており、評価も高い。文庫版は上下巻二冊組だが、一冊の厚さが程々なので分量はそれほどでもない。

解説でも触れられているように京極夏彦『百鬼夜行シリーズ』からの影響が色濃く窺える。しかし、それも行き過ぎることはなく独自の要素が多いので、むしろ同シリーズの雰囲気が好きな人はより楽しめるのではないかと思う。デビュー作ゆえか荒削りな部分は残るものの、さまざまな謎と伏線が絡み合い、結末で「腑に落ちる」展開は熱に浮かされたような高揚感があり、本格ミステリ好きには堪らない。 個人的に、他の作品の文庫化を心待ちにしている作家のひとり。