映画「LOOPER」

2013/01/18 12:00am

話題の映画「LOOPER」を観てきた。

タイムトラベルものでありながら、主人公自身はタイムトラベルしないのが珍しい。先行作品へのオマージュに満ちあふれた本作だが、以下の二点において 映画「ターミネーター」がもっとも近い気がした。

一見、自己犠牲に見えるラストも、個人的には「ターミネーター」の別解として考えるのが腑に落ちた。

前半は最高にスリリングで、申し分のない面白さ。惜しむらくは、後半の展開が少々雑というか、色んな要素を詰め込みすぎた感はある。 未来の悪党どもに利用され蹂躙されている現代社会や、登場人物たちの悲劇の連鎖、といったループ構造が物語の本質だと思うが、飾りが多くてそこが見えづらい。とても楽しませてもらったのだけど、観賞後、冷静になってみるといまいちスッキリしないモヤモヤ感が残った(だからこそ観終わったあとに語りたくなって、話題になるのかもしれない)。

とはいえ、斬新なアイデアとサービス精神たっぷりのエンターテイメント作品であることは間違いない。新宿バルト9の前列席は音量が大きすぎて、銃撃戦は片耳を塞がないとツラかったが…。